バッターの選球眼の良さを表す評価指標「BB/K」。数値が高いほど四球が多く三振が少ない

攻撃側
BB/K

ボール球に手を出さない選球眼。ストライクを見極める選球眼。

どのバッターにも絶対に必要な能力です。

打順を組むチームの監督やコーチとしてもなるべく選球眼の良いバッターを把握しておきたいところ。

打者成績を評価するうえで、明確な数字が出ない選球眼はなかなか評価しずらいものですが、BB/Kという指標を使えば各プレイヤーの選球眼の良さを数値化することができます。

BB/Kとは

BB/K

BB/Kは文字通り、四球÷三振で算出された数値です。

BB/K=四球÷三振

この数値が高いほど、フォアボールの数が多くて三振の少ない選手。すなわち選球眼が良い選手だと評価されます。

では、どれくらいの数値であれば優秀と言えるのでしょうか。過去2年のプロ野球の成績から見てみましょう。

プロ野球 BB/Kランキング

2016年度 BB/Kランキング

順位選手名四球三振BB/K
1中村晃(ソ)99531.86
2銀次(楽)61491.24
3田中賢介(日)69561.23
4坂本勇人(巨)81671.20
5川端慎吾(ヤ)34311.09
6角中勝也(ロ)68641.06
7柳田悠岐(ソ)100971.03
8西野真弘(オ)56551.01
9山田哲人(ヤ)971010.96
10坂口智隆(ヤ)63660.95

出典:http://akizake.com/blog/

2015年度 BB/Kランキング

順位選手名四球三振BB/K
1中村晃(ソ)66471.40
2鳥谷敬(阪)89771.15
3近藤健介(日)59591.00
4田中賢介(日)57580.98
5藤田一也(楽)28300.93
6糸井嘉男(オ)72780.92
7角中勝也(ロ)47520.90
8柳田悠岐(ソ)881010.87
9福留孝介(阪)65750.86
10坂本勇人(巨)65790.82

出典:http://akizake.com/blog/

このランキングを見てみると、1.00を超えていれば優秀であるということがわかります。

数式が四球÷三振なので、単純に三振よりも四球が多ければ優秀ということにもなりますね。

特に2016年度の中村晃選手(ソフトバンク)の1.86はヤバイですね。三振の数よりも四球の数がおよそ2倍近くの数字になっています。しかも2015年から2年連続でBB/Kキングです。

一般的には、柳田選手(ソフトバンク)や鳥谷選手(阪神)が非常に選球眼が良いというイメージがありますが、このように数値化してみるととてもわかりやすいですね。

みなさんのチームでも一体どの選手が選球眼に優れているのか、BB/Kで算出してみてください。

タイトルとURLをコピーしました