パ・リーグ全日程が終了!2016年度パ・リーグ個人タイトル確定!【プロ野球】

プロ野球
2016年度パ・リーグ個人タイトル

2016年10月5日でパ・リーグも全日程が終了し、個人タイトルが確定しました。

投手部門ではロッテ石川と日ハムの宮西がそれぞれ初受賞。メジャー帰りのホークス和田が期待に応える2冠を獲得!楽天則本は3年連続受賞!

則本ってイニングも食えるしこの奪三振数はすごいんだけど、毎年トータルの球数が多いから今後の故障がメッチャ心配・・。

また、打撃部門ではロッテ角中が打率ぶっちぎりのトップで2冠を獲得。後半戦はほとんど出場できなかったホークス柳田だったけど、脅威の四球数で最高出塁率を獲得。日ハム中田は優勝チームの4番として成績がイマイチかと思われがちだけど、しっかり打点王。

そしてなんといってもオリックス糸井の35歳歴代最年長盗塁王。西武金子の同時獲得できたけど、終盤はケガで出場できず。その間糸井は盗塁ゼロ。これは糸井の優しさだったのかな?

2016年度パ・リーグ個人タイトル

投手部門

タイトル獲得者成績
最優秀防御率石川歩(ロッテ)2.16
最多勝利和田毅(ホークス)15勝
最高勝率和田毅(ホークス).750
最多セーブサファテ(ホークス)43セーブ
最優秀中継ぎ宮西尚生(日ハム)42ホールド
最多三振奪取則本昂大(楽天)216個

打撃部門

タイトル獲得者成績
首位打者角中勝也(ロッテ).339
最多安打角中勝也(ロッテ)178本
最多本塁打レアード(日ハム)39本
最多打点中田翔(日ハム)110打点
最高出塁率柳田悠岐(ホークス).446
最多盗塁糸井嘉男(オリックス)
金子侑司(西武)
53個

パ・リーグTV 《Best Scene Selection》

パ・リーグTVの個人タイトル獲得者まとめ動画が見れます。

《Best Scene Selection パ》2016 パ・リーグ 個人タイトル確定
10月5日の千葉ロッテvs.楽天をもって2016年パ・リーグのレギュラーシーズン全日程が終了、個人タイトルが確定しました。
タイトルとURLをコピーしました