ファウルフライを落とすとエラー(失策)は記録されるか? | Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

野球の基本ルールからバッティング・守備の上達や高等テクニックまで徹底解説!読むだけで野球が上手くなれる方法をまとめたブログ。

ファウルフライを落とすとエラー(失策)は記録されるか?

   


ファウルフライを落とすとエラーは記録されるか

ごく平凡なファウルフライ。これを野手が落球しました。

さて、この場合ファウルフライをエラーしてしまった野手に対して失策は記録されるのでしょうか。

エラーがつく?つかない?

ファウルフライ

正解は”失策は記録される”です!

本来捕球できたであろう打球を捕球できなければ、ファウルフライでもエラーが記録されます。

ゴロであればファウルエリアで触った時点でファウルなので、弾こうがトンネルしようがエラーはつかず。体勢が悪く、捕球が難しいであろう打球を落とした場合もエラーは記録されません。まあこの辺は記録員(スコアを付けている人)の判断次第です。

記録はどうあろうと絶対に落としてはいけない!

ファウルフライ

ここでの問題はファウルフライを落とすとエラーがつくか、つかないかだけの話しですが、ファウルフライはバッターの打ち損じ。野手は絶対に落としてはいけません。

バッターは本来アウトだったはずが、ファウルで再び打席で打つチャンスが与えられます。ピッチャーはすごく苦しいです。3ボールの場面やファールで粘られている場面でのダメージは特に大きいです。

軟式野球でファウルフライを落としやすいのは圧倒的にキャッチャー、次にファーストです。

軟式ボール特有の回転がかかり、非常に難しいことは確かです。でも、取るべきアウトは絶対に取らなければなりません。

どうすれば軟式ボール特有の回転に対してミスをしないようにミットへボールを収められるのか。練習ではなかなか実践できないので、しっかりと勉強しておきましょう。