グローブを出しながら外野手フライを追ってはいけない理由 | Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

野球の基本ルールからバッティング・守備の上達や高等テクニックまで徹底解説!読むだけで野球が上手くなれる方法をまとめたブログ。

グローブを出しながら外野手フライを追ってはいけない理由

      2016/08/09


外野手フライ

外野フライが上がったら、外野手は打球の落下地点へ入ることを最優先しなければいけません。

ということは、落下地点に向かって全力疾走しなくちゃいけないですよね?

全力疾走するには両腕をしっかり振ならければならないので、グローブを出しながら入っていては全力疾走はできません。だからグローブを出しながらフライを追ってはいけないんです。

グローブはボールをキャッチするときだけ

そもそもグローブはボールをキャッチするためにあるアイテムなので、フライをキャッチするときだけグローブを出せばいいんです。それ以外はグローブを使うことはありません。

また、もし落下地点に入ってからフライをキャッチするのに余裕があったとしてもグローブはキャッチするときに出しましょう。最初からグローブを出していると動きが硬くなり、落下地点の誤りや風にフライが流されたときなど、急な対応ができなくなりエラーしてしまう可能性が上がってしまいます。