【中継プレー】カットマンが一直線に中継に入れる方法 | Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

野球の基本ルールからバッティング・守備の上達や高等テクニックまで徹底解説!読むだけで野球が上手くなれる方法をまとめたブログ。

【中継プレー】カットマンが一直線に中継に入れる方法

   


中継プレー

相手バッターが長打を打ちました。
外野手は打球を追い、内野手はバックセカンド、バックサード、バックホーム、それぞれ指示に従って中継プレーのカットに入ります。

ここで重要なのがカットマンが一直線にカットに入れているかということ。一直線に入るのと入れないのとでは、アウトにできる確率が大きく変わってきます。

しかし、「上空に視点があるわけでもないし、一直線に入るのなんて難しいよ」と感じているプレイヤーも多いと思います。

そこで、中継プレーの時に内野手が一直線にカットに入れる方法を伝授したい思います。

バックサード、バックセカンドの時

どこにバックするかを確認

まずはバックセカンドなのか、バックサードなのかを判断する必要があります。

後ろの内野の指示に耳を傾けつつカットに入りましょう。

ただ、良いプレイヤーは打球がどこまでいったか、バッターの足ならどこまでいけるかを考慮してもうこの時点で自分で判断することができます。

送球先を振り返る

バックセカンドならセカンドベース、バックサードならサードベースを振り返ってしっかり位置を確認しましょう。

ずっと打球の行方ばかりを見ていてはいけません。これが一番大事な確認です。

バックホームの時

打球の軌道上に入る

バックホームの時は1つコツがあります。
バッターが打った打球は当然ボームベースから打球が飛ぶので、打球の軌道上にカットに入れば自ずと一直線に入ることができるんです。

ホームベースの目視も必ず

打球の軌道上というのは1つの目安みたいなものなので、ホームベースを目視することも必ず行ってください。

中継プレーは、ボールを受け取る外野手と送球先を線で結んだ、その線上で内野手はカットに入らないといけません。

中継プレーが苦手でなかなか一直線上に入れないというプレイヤーは是非参考にしてみてくださいね。