【ライト守備】軟式野球ではツーアウト2塁はライトゴロを狙え | Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

野球の基本ルールからバッティング・守備の上達や高等テクニックまで徹底解説!読むだけで野球が上手くなれる方法をまとめたブログ。

【ライト守備】軟式野球ではツーアウト2塁はライトゴロを狙え

      2017/04/19


ライトゴロ

高校野球やプロ野球といった硬式野球ではあまりライトゴロというのは見ないんですが、少年野球や草野球のような軟式野球ではライト前のヒットはライトゴロを狙うのがセオリーです。

通常、2アウト2塁で外野の前にヒットが飛んだ場合はバックホームで捕殺を狙うものですが、軟式野球ではライトゴロを狙いましょう。

ライトゴロとバックホームの判断の仕方は?

ライトゴロを狙えと言っても、状況によってはバックホームしなければならない時もあります。打球の強さ、打球の方向、ランナーの足の速さ、自分の肩の強さなどで変わってくるからです。

その判断の仕方はもうライトを守るあなた自身が判断するしかありませんが、わかりやすく言うなら、どっちに投げればアウトにできる確率が高いか。シンプルにこれを判断基準にしてください。

2アウトなのでどっちかをアウトにできれば、その時点で失点阻止&スリーアウトチェンジですからね。

ノーアウトもしくは1アウトだったら?

点差やイニングなどの状況にも寄って変わることもありますが、基本的にはバックホーム優先です。失点阻止 > アウトです。

ただし、ランナーが明らかに3塁ストップしている時や確実にバックホーム間に合わない時はファースト送球でライトゴロ狙いです。失点阻止を狙いつつも、アウトカウントを増やすことも大事です。

結局はこれもプレーしている自分で判断するしかありません。

ただ闇雲にバックホームするのではなく、どうすれば失点を防げるのか。どちらに送球すればアウトにできるのか。常に頭の中で最善の選択を考えてプレーしましょう!