【プロ野球】警告試合とは?警告試合が宣告されるとどうなる? | Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

野球の基本ルールからバッティング・守備の上達や高等テクニックまで徹底解説!読むだけで野球が上手くなれる方法をまとめたブログ。

【プロ野球】警告試合とは?警告試合が宣告されるとどうなる?

   


警告試合

プロ野球を観ていると、デッドボールなどがきかっけで乱闘騒ぎが起きたあと、球審から「警告試合」が宣告されます。

かと言って、ピッチャーが退場になるわけでもなければ、乱闘を引き起こした打者も特に退場などの処分はありません。

では、警告試合とは一体どんな意味を持つ宣告なのでしょうか。解説していきましょう。

警告試合とは?

警告試合とは、簡単に言うと報復行為を防止するためです。

例えば、自チームの選手がデッドボールを当てられてしまったあと、敵チームの捕手などに対して報復を目的としたデッドボールを当てにいくのをテレビなんかでも観たことがあると思います。それを予め防止しようとするものです。

警告試合が宣告された後、審判の判断で報告行為だと認められた場合、対象の選手やそのチームの監督が退場処分となります。