ヒットエンドランのサインが出ても「見逃すべきボール」がある | Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

野球の基本ルールからバッティング・守備の上達や高等テクニックまで徹底解説!読むだけで野球が上手くなれる方法をまとめたブログ。

ヒットエンドランのサインが出ても「見逃すべきボール」がある

      2016/08/08


ヒットエンドラン

ランナー1塁の場面で敢行したい作戦のひとつヒットエンドラン。

ヒットエンドランの場面では、バッターはボール球でも必ずボールにバットを当てなければならない。それは誰もが理解しているだろうが、ヒットエンドランでもバットを振らずに見逃すべき球も存在することは理解していますか?

結果的には単独スチールの形になる

ランナーが走っているので、エンドランでボールを見逃せば結果的には単独スチールになる。

しかし、見逃すべきボールを無理に当てにいけば内野ゴロであればアウトカウントが1つ、ファールになればストライクカウントが1つ増えてしまいます。ボール球に手を出してくれたことで、相手にとってはすごくラッキーなプレーになってしまうのです。

であれば、ボールカウントが1つ増えて、ランナーも2塁に進塁できる方が断然攻撃のチャンスは広がります。

見逃すべきボール、それがこの2パターン

では、どのようなボールであれば見逃すべきなのか?

2パターンあるので紹介しましょう。

【1】ワンバウンドのボール球

キャッチャーは、ワンバウンドのボールをキャッチ(もしくは体でストップ)することで精一杯。下からボールをグローブで上手くすくって素早く送球するなんてプレーは、少年野球や草野球でできるプレイヤーはなかなかいません。

盗塁成功率がかなり高いので、ワンバウンドは見逃すのがいいでしょう。

【2】大きくキャッチャーの右側に外れるボール

右バッターからすると、アウトコースに大きく外れるボールです。

自分がキャッチャーの立場になって考えるとわかると思うんですけど、グローブを持っている左側にボールが来れば2塁への投球動作に入りやすいですが、右側に来るボールは逆シングルでボールを捕る形になるので一旦体を立て直さなければなりません。このタイムロスはかなり大きいです。

キャッチャーの体制が崩れるほどのボール球なら、ワンバウンドしなくても見逃してOKでしょう。

しかし、少し外に外れたくらいでは普通に投げれるので注意ですよ。

この2パターンに共通することは、キャッチャーが2塁へ送球することが難しくて盗塁成功率がかなり高い状態であることです。