キャッチャーは振り逃げ一塁送球する時「中」と「外」を明確にして送球しろ | Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

野球の基本ルールからバッティング・守備の上達や高等テクニックまで徹底解説!読むだけで野球が上手くなれる方法をまとめたブログ。

キャッチャーは振り逃げ一塁送球する時「中」と「外」を明確にして送球しろ

      2017/03/15


振り逃げ送球

2ストライクでバッターが空振りした時、投球がワンバウンドした、もしくはキャッチャーが後逸したら一塁を目指して走ってOKというのが振り逃げのルールですね。

キャッチャーはバッターにタッチするか、一塁へ送球すれば問題なく三振としてアウトにできるわけですが、この一塁への送球時に絶対にやって欲しいことがあります。

ランナーと重なるな!

振り逃げ送球

キャッチャーはホームベース付近から送球、ランナーは一塁へ走っている状状況なので、キャッチャーからの送球がランナーと重なってしまうことがあります。送球がランナーに当たれば当然セーフです。ヘタすればツーベースです。

それを防ぐにはファールラインを境目に「中に投げるか」or「外に投げるか」を明確にする必要があります。

これは送球を受ける一塁手もきちんと「中!」と「外!」としっかりボールを呼ばないとダメですが、キャッチャーも予め決めておきましょう。

捕手がボールを拾った時点で、ファールラインの内側にいるか、外側にいるかは一目瞭然なので判断は全く難しくないです。

ごく当たりのプレーなので、チーム内でキャッチャーとファーストは振り逃げ時の送球について話し合っておいて損はないでしょう。