ゲッツーの時、二塁手はどっちの足でベースを踏むべき?状況に応じたステップの違いを解説 | Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

野球の基本ルールからバッティング・守備の上達や高等テクニックまで徹底解説!読むだけで野球が上手くなれる方法をまとめたブログ。

ゲッツーの時、二塁手はどっちの足でベースを踏むべき?状況に応じたステップの違いを解説

      2016/07/22


ランナー1塁の場面で内野ゴロ。これはゲッツーチャンス!!

二塁へのベースカバーからファーストへの送球、華麗なゲッツーはセカンドの大きな見せ場です。

もしかしたら意識したことがない二塁手もいるかもしれませんが、ゲッツーの時、二塁手はどっちの足でベースを踏むべきでしょうか?右足?左足?

これは人によって違うとか、自由なわけではなく、きちんとどっちの足で踏むべきか決まっています。

左足でベースを踏む場合

ベース上に立っているだけのような状態ですね。

左足でベースを踏む場合は以下のような状況の時です。

  • 三遊間寄りの5-4-3のゲッツー
  • 距離が近い6-4-3のゲッツー

セカンドのフォースアウトに余裕があるので、左足でベースを踏んで次の送球を優先させてください。

だた、次の送球を優先するあまり、つまらないエラーやファンブルに注意。確実にセカンドをアウトにするのは当然のことです。

右足でベースを踏む場合

一塁手のように、体を伸ばすような捕球体制です。

左足でベースを踏む時よりも、この体制からファーストへの送球はかなりの技術を要します。

右足でベースを踏む場合は以下のような状況の時です。

  • 2-4-3のゲッツー
  • 1-4-3のゲッツー
  • サード正面ゴロの5-4-3のゲッツー
  • セカンドのフォースアウトがギリギリな6-4-3のゲッツー

これに共通するのは、最後に書いてあるようにセカンドのフォースアウトがギリギリになる時です。2-4-3も1-4-3も5-4-3も送球距離が遠いので右足でベースを踏みます。

左足でベースを踏む時はセカンドのフォースアウトが余裕なので次の送球を優先させますが、右足でベースを踏む時は次の送球よりもセカンドのフォースアウトを優先する時です。

いくら次の送球を早めても、ゲッツーを狙う場面でセカンドがセーフになってしまえば、それは単なるフィルダースチョイスになってしまいます。

超簡単にまとめると

・左足でベースを踏む場合
ファーストへの送球  セカンドのフォースアウト

・右足でベースを踏む場合
ファーストへの送球  セカンドのフォースアウト

こういう事ですね。
体が自然に反応できるように、普段の練習から徹底してください。

動画で勉強してみる

YouTubeには、プロ野球選手の華麗なゲッツー動画が溢れています。

菊池選手(広島)や藤田一也選手(楽天)のようなプレーはできなくても、フットワークや基本的技術は学べることがたくさんあると思います。ただ「すげー」と見ているだけではなくて、こういった動画から勉強してください。

藤田一也 好プレー集

プロ野球ファインプレー集!ダブルプレー編