サードへの悪送球でショートバウンドが来たらとにかく体で止めろ!! | Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

野球の基本ルールからバッティング・守備の上達や高等テクニックまで徹底解説!読むだけで野球が上手くなれる方法をまとめたブログ。

サードへの悪送球でショートバウンドが来たらとにかく体で止めろ!!

   


三塁への盗塁でも中継プレーからのバックサードでも何でもいいです。
その時にサードへ低めの悪送球が来たらとにかく体を張って、絶対に後ろには逸らさないようにしましょう!!

なぜかはもうわかりますね?
一塁や二塁への悪送球は「進塁」で済みますが、三塁への悪送球は「1点」が確実に入ってしまうからです。

ピッチャーやレフトのカバーは当然いると思いますが、ボールの逸れ方次第ではカバーがいても意味がない場合もたくさんあります。

そもそも三塁への悪送球は送球したプレイヤーが悪いですが、体で止められるボールを逸らしてしまえばサードにも責任があることを覚えておいてください!!