【投球術】バッターが最もバントしやすいコースと球種は? | Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

野球の基本ルールからバッティング・守備の上達や高等テクニックまで徹底解説!読むだけで野球が上手くなれる方法をまとめたブログ。

【投球術】バッターが最もバントしやすいコースと球種は?

   


バント

以前、バッターが最もバントしにくいコースと球種を『バッターが送りバントしにくいコースと球種は何?』という記事で紹介しました。

では、逆にバッターが最もバントしやすいコースと球種は何でしょうか?

多少、以前の記事とかぶる部分はありますが解説していきましょう。

バントしやすいコースは?

それはアウトコースです。

アウトコースは腕が伸びるうえ、右バッターなら一塁方向に、左バッターなら三塁方向へすごくバントがしやすくなります。

また、腕が伸びていると余計な力も入らないため、打球を殺しやすくなるのです。

バントしやすい高さは?

もちろん真ん中ですね。目線がブレないためです。

ただ、「高め」と「低め」で比較した場合は「低め」ですね。

高めはフライを狙えるけど、低めはフライになりにくいのでバントが決まりやすいです。

バントしやすい球種は?

それは威力・速度のないストレート縦方向への変化が少ない変化球(具体的に言うとスライダー)です。右ピッチャーが右バッターに対するスライダーは、外方向へ逃げていくので尚更ですね。

結局、これらはバントの構えから目線をブラすことができないのです。だからバントしやすいんです。

まとめ

1つアウトが欲しくてわざとバントをやらせる状況にしても、バントをやらせたくない状況にしても、必ず覚えておきたいことですね。

『バッターが一番バントしにくいコースと球種は何?』は必ず一緒に読んでください。