バッティングで打球が「詰まった」って具体的にどういうこと? | Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

野球の基本ルールからバッティング・守備の上達や高等テクニックまで徹底解説!読むだけで野球が上手くなれる方法をまとめたブログ。

バッティングで打球が「詰まった」って具体的にどういうこと?

   


詰まったとは

内野に凡フライが上がったときなんかによく「詰まった」という表現をしますが、バッティングにおいて「詰まった」とは具体的にどういう状態のことでしょうか?

解説していきましょう。

詰まったバッティングとは?

バットの芯部分よりもバットの内側で打った打球を「詰まった」と表現します。

イラストで表すとわかりやすいですかね。

詰まったとは

芯に当たれば打球が詰まることはありません。芯を外すから打球に勢いがつかず、タイミング合っていてもヒットにならないのです。(運が良ければポテンヒットはあるけど。)

「詰まったってどういうこと?」と聞かれたとき、案外答えられない人もいるので覚えておいてください。