【野球走塁】ギャンブルスタートのコツとスタートの切り方を解説 | Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

野球の基本ルールからバッティング・守備の上達や高等テクニックまで徹底解説!読むだけで野球が上手くなれる方法をまとめたブログ。

【野球走塁】ギャンブルスタートのコツとスタートの切り方を解説

   


ギャンブルスタート

ギャンブルスタートという走塁方法があるのを知っていますか?

知っている人も知らない人も、すぐに実戦で使えるようにギャンブルスタートのコツとスタートの切り方を解説していきます。

ギャンブルスタートとは?

ノーアウト、もしくは1アウトで3塁ランナーが行う走塁です。

名前のとおりギャンブル的な走塁。バッターの打った打球がどんな打球だったとしても、ホームに突っ込む走塁をギャンブルスタートと言います。

ゴロは当然全てGOだし、ライナーが戻れなかったら仕方なし、フライは頑張って戻るという感じになります。

ギャンブルスタートを使う場面

ギャンブルスタート使う状況は、どうしても1点が欲しいときです。

ただし、軟式野球は『軟式野球のランナー3塁は犠牲フライを狙うよりも叩く内野ゴロの方が得点できる確率が高い』の記事でも解説したとおり、普通に内野ゴロでホームインできる可能性が高いので、どちらかと言うと硬式野球の方が使われる走塁ですね。

ギャンブルスタートを切るコツ

ピッチャーが投球して、バッターがスイングしに行ったら何歩かスタートを切ってください。

ただし、空振りでキャッチャーの牽制に刺されてしまうことだけは注意です。ここで刺されてしまっては、せっかくのチャンスが台無しです。

打球が飛んだらあとは全力で走るだけなので、とにかくスタートに集中してください。ギャンブルスタートはスタートの一歩目が命です。

もし挟まれてしまったら時間を稼げ!

ギャンブルスタートを切って、もしもホーム、三塁間で挟まれてしまったら、簡単にはアウトにならずできるだけ時間稼ぎをしましょう。

これは自分の後ろにいるランナーを少しでも先の塁へ進塁させるためです。バッターランナーが2塁まで行ければ、とりあえずはOKでしょう。

監督のサインでギャンブルスタートのサインが決まっているチームはあまりないと思います。タイムがかかれば指示があるかもしれません。

もしも1点を争う場面で、ここはギャンブル的にスタートを切った方が良いと自分で判断できるのであれば、是非使ってください。