コリジョンルールでもキャッチャーがブロックできる方法 | Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

野球の基本ルールからバッティング・守備の上達や高等テクニックまで徹底解説!読むだけで野球が上手くなれる方法をまとめたブログ。

コリジョンルールでもキャッチャーがブロックできる方法

      2016/08/22


コリジョンルールでもキャッチャーがブロックできる方法

2016年に採用された新ルール「コリジョンルール」によって、キャッチャーはランナーをブロックする(走路をふさぐ)ことができなくなってしまいました。

しかし、コリジョンルールをしっかり理解していれば、キャッチャーはランナーをブロックすることもできるのです。

どうやってブロックすればいいの?

これはキャッチャーの技術というよりは、ホームへ送球する野手側に必要な知識です。

コリジョンルールでは「送球が逸れてやむを得ずキャッチャーが走路に入った場合は対象外となる」というルールがあります。

ということは、ホームクロスプレーになるタイミングでバックホームする際、野手はホームベースの少し三塁寄りに送球すればいいんです。また、キャッチャーも基本的にはホームベースの前に立ってなくてはいけないけど、送球がホームベースの少し三塁寄り来たら若干下がってランナーをブロックする形でタッチしてみましょう。

とは言ってもかなり難しい

この「ホームベースの少し三塁寄りに送球する」というのは、絶妙なコントロールが必要なので口で言うほど簡単ではありません。狙ってやるのはなかなか難しいかもしれませんが、知識としては必ず覚えておいてください。

バックホームはホームベース上へしっかり返球するという基本は忘れずに!