ランナーアウト!スリーフィートオーバーってどれくらいオーバーしたらアウトになる? | Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

野球の基本ルールからバッティング・守備の上達や高等テクニックまで徹底解説!読むだけで野球が上手くなれる方法をまとめたブログ。

ランナーアウト!スリーフィートオーバーってどれくらいオーバーしたらアウトになる?

      2016/09/04


スリーフィートオーバー

ランナーが守備のタッチを避けようとして、大きく走路を外れてしまうとスリーフィートオーバーでアウトになってしまいます。

では、スリーフィートオーバーって一体どれくらいはみ出したらアウトになるでしょうか?

1フィート=30.48cm

1フィートは30.48cmと定められています。スリーフィートは3フィートなので91.44cm

ということは、左右(内側・外側)にそれぞれ91.44cm以上(合計182.88cm)外れて走るとスリーフィートオーバー=ランナーアウトになるわけですね。

スリーフィートオーバー

試合中にこれを明確に測るのは審判でも難しいです。基本的には守備が腕いっぱい伸ばして届かないようなら大体アウトにされると思ってください。

ベースランニング中はどうなるの?

長打を打ったときに思いっきり膨らんで走っている場合は、基本的にはこれはアウトになりません。また、守備妨害を避けようとしてスリーフィートを外れるのもアウトになりません。

あくまでタッチを避けようとしたときに採用されるルールです。