【野球 打者成績指標】OPS(オーピーエス)ってどういう意味?何を表しているのか解説 | Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

野球の基本ルールからバッティング・守備の上達や高等テクニックまで徹底解説!読むだけで野球が上手くなれる方法をまとめたブログ。

【野球 打者成績指標】OPS(オーピーエス)ってどういう意味?何を表しているのか解説

      2017/05/30


OPS

バッターの成績を評価する指標のひとつ、「OPS」にはどんな意味があるのか解説していきます。

OPS(オーピーエス)とは?

On base plus sluggingの略。

出塁率と長打率を足し合わせた数値で、この数値が高いバッターほど得点機会を生み出すことに優れていると言えます。

※OPSの計算式※
OPS=出塁率+長打率

ちなみに、出塁率と長打率は以下の計算式で算出できますよ。

出塁率=(安打+四球+死球)÷(打数+四球+死球+犠飛)
長打率=塁打÷打数

どれくらいの数値なら優秀なの?

OPSは、以下の通り数値によってランク付けされています。

ランク 評価 OPS
A 素晴らしい .9000以上
B 非常に良い .8334~.8999
C 良い .7667~.8333
D .7000~.7666
E 平均以下 .6334~.6999
F 悪い .5667~.6333
G 非常に悪い .5666以下

出典:Wikipedia

関連記事

QS(クオリティスタート)ってどういう意味?
WHIPってどういう意味?