【野球ルール】打球が審判に当たっても石ころ扱いにならないパターン(当たった瞬間ボールデッドになる) | Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

野球の基本ルールからバッティング・守備の上達や高等テクニックまで徹底解説!読むだけで野球が上手くなれる方法をまとめたブログ。

【野球ルール】打球が審判に当たっても石ころ扱いにならないパターン(当たった瞬間ボールデッドになる)

      2017/04/14


打球が審判に当たった瞬間ボールデッドになるパターン

『打球が審判に当たったらどうなる?』では、基本的に打球が審判に当たったら石ころ扱いのためボールインプレーだということを解説しました。

しかし、全てのプレーにこれが適用されるわけではありません。

審判に打球当たっても石ころ扱いにならないパターンもあるんです。

野手の「前」か「後ろ」か

それは打球が野手を通過する前で審判に打球が当たったときです。

例えば、ショートが守っているすぐそばに審判がいて、ちょうどそこに痛烈な打球が審判に直撃しました。この場合、本来ショートが捕れたであろう打球でも審判に打球が当たった瞬間ボールデッドになり、打者は安打が記録され一塁へ出塁。ランナーがいた場合はそれぞれ次の塁への進塁が与えられます。

長年プレーをしていてもあまり見かけないプレーですが、覚えておいて損はないと思います。

野手の前で打球が当たったか、野手を通過してから打球が当たったかがポイントです。