ここに勝機あり!スリーバントスクイズが有効な場面って? | Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

野球の基本ルールからバッティング・守備の上達や高等テクニックまで徹底解説!読むだけで野球が上手くなれる方法をまとめたブログ。

ここに勝機あり!スリーバントスクイズが有効な場面って?

      2016/08/19


スリーバントスクイズ

ツーストライク追い込まれた状況でのバントはファールでもアウトになってしまうため、非常にリスクのある作戦です。

しかし、状況によってスクイズはツーストライクの状況こそ成功率が上がることもあるのです。

スクイズは心理戦

スクイズは相手バッテリーとのまさに心理戦です。外に大きく外されてしまえば、ランナー3塁のチャンスがたちまち台無しになってしまいます。

いかに相手が「ここでは無いな」と思う場面で実行できるかが成功のポイントになります。

ということは、「さすがにスリーバントでは無いだろ」と思っていればスクイズチャンスなのです。

こんなときはスリーバントスクイズいける!

以下のような状況にあるときは、スリーバントが有効です。

ノーアウトである

仮にファールでアウトになってしまっても1アウト3塁で継続できる心理的余裕があり、まだチャンスの状態が継続できる。

最終回(もしくは延長)同点で裏の攻撃

スクイズが決まればサヨナラだし、最悪決まらなくても同点なので心理的余裕がある。

実際に私のチームは市民大会の重要な一戦で延長サドンデスにスリーバントスクイズを決められ、サヨナラ負けした経験があります(涙)。

満塁でツーボール(もしくはスリーボール)

押し出しは嫌です。この状況はもうバッテリーが外に外すことはできません。カウント2-2、3-2になったらスリーバントスクイズありです。(※ツーストライク追い込まれてなくてもスクイズチャンスですが。)

しかし、いくらスリーバントスクイズで心理的余裕があるとはいえ、空振りしてしまえば三振&ランナータッチアウトと最悪の結末になってしまいます。バッターは何としてもバットに当てよう!!