スクイズは右ピッチャーよりも左ピッチャーのが成功率が高い理由 | Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

野球の基本ルールからバッティング・守備の上達や高等テクニックまで徹底解説!読むだけで野球が上手くなれる方法をまとめたブログ。

スクイズは右ピッチャーよりも左ピッチャーのが成功率が高い理由

      2018/09/01


左ピッチャーのがスクイズ成功率が高い理由

スクイズは右ピッチャーよりも左ピッチャーのが成功率が高くなります。

一体なぜでしょうか?スクイズの成功率にピッチャーの利き手が関係あるのでしょうか?

ポイントはピッチャーの利き手というよりは向いている方向です。詳しく解説していきましょう。

左ピッチャーは1塁方向を向いている

ランナー3塁でピッチャーがセットポジションに入ったとき、右ピッチャーは3塁方向を向きます。左ピッチャーは1塁方向を向きます。これがスクイズでは大きなポイントになるんです。

右ピッチャーの場合、3塁ランナーのスタートを目視できたとき、自分の判断で外すことができます。

一方、左ピッチャーは1塁方向を向いているので、3塁ランナーのスタートを目視することは不可能です。自分の判断で外すことはできません。

ランナーがスタートを切りやすい

以上のことを考慮すると、3塁ランナーは右ピッチャーのとき、あまりに良いスタートを切りすぎると外される可能性が上がってしまいます。(クイック投球なら外されにくいですが。)少なくともスタートのタイミングは難しくなりますよね。

しかし、左ピッチャーなら良いスタートであればあるほどホームでアウトになる可能性が低くなります。

これが右ピッチャーよりも左ピッチャーのがスクイズ成功率が高くなる理由です。