ベース占有権の無いランナーにとって"ベース上は安全地帯じゃない"から注意! | Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

野球の基本ルールからバッティング・守備の上達や高等テクニックまで徹底解説!読むだけで野球が上手くなれる方法をまとめたブログ。

ベース占有権の無いランナーにとって”ベース上は安全地帯じゃない”から注意!

   


ベース占有権

ランナー1.3塁、もしくは2.3塁で、3塁ランナーが三本間で挟まれてしまった時に覚えておきたい、ベースの占有権について解説していきたいと思います!

以前、『ランナーが同じベースに重なったらどっちが優先?』という記事でも紹介したことなんですが、ベースの占有権に関するルール問題で先日試合でこんなプレーがありました。

ややこしいルール問題が勃発!

ベース占有権

※みなさんも想像しながら何が問題なのか考えてみてください。

1アウト ランナー2.3塁。バッターがサードゴロを打ち、3塁ランナーが三本間で挟まれました。攻撃側はせめてどちらかのランナーは3塁に残したいということで、2塁ランナーは3塁へ。

ここで問題となる出来事が。

相手守備は、三本間で挟んだ3塁ランナーよりも先にサードベース上にいる2塁ランナーをタッチ。さらに、挟まれている3塁ランナーをタッチしました。

そして、審判の下した判定は2塁ランナーがセーフ。3塁ランナーはタッチアウト。

すると、相手チームが猛抗議!判定は覆らず。

どこがおかしい?

ベース占有権

さあ。ルールをわかっている人にとってはすごく簡単な問題かもしれませんが、この判定の一体どこがおかしいのでしょうか?

そうです。

このケースだと、2塁ランナーもタッチアウトになるんです!!

前のランナー(3塁ランナー)が生きている状態では、サードベースの占有権は3塁ランナーにあります。例え2塁ランナーがサードベースを踏んでいたとしても、そこは安全地帯では無いのでタッチされればアウトになります。

もしも前のランナー(3塁ランナー)が先にタッチされてアウトになっていれば、サードベースの占有権が2塁ランナーのものになるのでセーフで問題なかったんですね。

上手いチームは2塁ランナーを先にアウトにする

ベース占有権

ランナー2.3塁でのランダウンプレー(挟殺プレー)。高校野球の強豪チームなら普段からこの練習をするところもあるかもしれませんね。

ルールを熟知している上手いチームは、三本間でランナーを挟みつつも先に2塁ランナーをアウトにし、さらに3塁ランナーをアウトにすることでダブルプレーを完成させてしまいます。

今回の私達のチームは、草野球の審判だったので判定に救われた形。一枚上手だったのは相手チームでした。

このように、ルールを知っているか知らないかだけで、アウトが1つ増えるのか、2つ増えるのかが変わってきます。それは勝敗に関係するすごく大事なことです。是非覚えておいてください!!