ベース占有権の無いランナーにとって"ベース上は安全地帯じゃない"から注意! | Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

野球の基本ルールからバッティング・守備の上達や高等テクニックまで徹底解説!読むだけで野球が上手くなれる方法をまとめたブログ。

ランナー2・3塁のベース占有権に関するルールを確認しよう

   


ベース占有権

ランナー1.3塁、もしくは2.3塁で、3塁ランナーが三本間で挟まれてしまった時に覚えておきたい、ベースの占有権について解説しています。

3塁ランナーがベースに触れいているか、触れていないかがポイントになります。

3塁ランナーが3塁ベースに接触している状態

『ランナーが同じベースに重なったらどっちが優先?』にもあるように、3塁ベースに2塁ランナーと3塁ランナーが重なっている場合、ベース上で両者がタッチされたら2塁ランナーがアウトになります。3塁ランナーはセーフです。

3塁ランナーが3塁ベースに接触していない状態

3塁ランナーが三本間にいる状態(3塁ベースに接触していない状態)で2塁ランナーが3塁ベース上でタッチされた場合、一見、ベースの占有権が無いためアウトになるようも思えますが、3塁ランナーがベースに接触していなければ2塁ランナーにも占有権が与えられるため、2塁ランナーがアウトになることはありません。