出塁率が打率より低くなることはある?このパターンだとありえる! | Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

野球の基本ルールからバッティング・守備の上達や高等テクニックまで徹底解説!読むだけで野球が上手くなれる方法をまとめたブログ。

出塁率が打率より低くなることはある?このパターンだとありえる!

   


出塁率が打率より低くなる

出塁率が打率より低くなることはあるか?

普通に考えるとありえないように思えますが、実はありえる現象なんです。

打率と出塁率の計算式を見ればそれがわかります。

打率と出塁率の計算式

打率

打率=安打数÷打数

出塁率

出塁率=(安打数+四死球数)÷(打数+四死球数+犠飛数)

四死球より犠飛が多いと出塁率が打率より低くなる

以上の計算式からわかるように、犠牲フライの数が四死球の数を上回ったとき、出塁率が打率より低くなる現象が発生します。

なかなか無いパターンではありますが、代打要員など試合の出場数が少ない選手なら十分ありえますね。