キャッチボールは単なるアップじゃない!大事な守備練習 | Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

野球の基本ルールからバッティング・守備の上達や高等テクニックまで徹底解説!読むだけで野球が上手くなれる方法をまとめたブログ。

キャッチボールは単なるアップじゃない!大事な守備練習

      2016/09/07


キャッチボール

プレイヤーであるみなさんは、キャッチボールを毎回どんな気持ちで行ってますか?単なる肩慣らしになってませんか?

アップの一環であることに間違いはありませんが、キャッチボールは守備の基本を確認する大事な守備練習でもあります。

守備の基本はキャッチボールから

  • 相手の送球を正面で捕っているか
  • グローブの芯で捕球しているか
  • 両手で捕球しているか
  • 相手の胸へ送球できているか
  • 肘が下がってないか
  • ボールがシュート回転してないか
  • 送球時に体は開いてないか

など、毎回のキャッチボールはウォーミングアップで肩を作りつつも、守備の基本を確認しながら行いましょう!

片手捕り、アンダースロー送球、ふざけたモノマネ投球、背面キャッチ・・・問題外です!!こんな練習していたら上手くなるわけないです。

こんな些細なことで差がつく

キャッチボールを疎かにしている人と、練習と位置付けてきちんと基本を確認しているプレイヤーとでは、野球の上達速度が明らかに違います。試合の大事なところでミスがでるか、良いプレーができるかもここで変わってきます。それほどキャッチボールは重要な練習のひとつです。

今までキャッチボールを守備練習として意識していなかったプレイヤーは、今日から必ず意識してください!