インフィールドフライを落とすとどうなるのか? | Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

野球の基本ルールからバッティング・守備の上達や高等テクニックまで徹底解説!読むだけで野球が上手くなれる方法をまとめたブログ。

インフィールドフライを落とすとどうなるのか?

   


インフィールドフライを落とす

ノーアウトもしくはワンアウト1、2塁もしくは満塁の場面で内野フライが上がるとインフィールドフライが宣告されます。フライが上がった時点でバッターアウトですが、野手が落球した場合はランナーに帰塁の義務は無くなります。

インフィールドフライはあくまでバッターがアウトになるだけなので、フライを捕ればランナーは帰塁の必要があるし、フライを落とせば帰塁しなくてOKになってしまうのです。

具体的例

1アウト満塁で内野へのフライ。インフィールドフライのケースで内野手が落球。

3塁ランナーが2アウトと勘違いしてホームインしていたとしましょう。この場合は、帰塁義務が無いため得点になります。内野手が3塁ベースに転送してもランナーがアウトになることはありません。

内野手がインフィールドフライを捕球したのなら、帰塁義務があるため3塁ベースに転送すればアウトにすることができます。