ホームランを打たれたら内野手はランナーのベース踏み忘れを確認すること | Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

野球の基本ルールからバッティング・守備の上達や高等テクニックまで徹底解説!読むだけで野球が上手くなれる方法をまとめたブログ。

ホームランを打たれたら内野手はランナーのベース踏み忘れを確認すること

      2016/08/15


ベース踏み忘れ

スタンドイン、柵越えのホームランを打たれてしまったとき、内野手はガッカリしている場合ではありません。ひとつ忘れてはいけない仕事があります。

それは、ランナーのベース踏み忘れの確認です。

そんなことありえるの?

普通はベースの踏み忘れなんてしません。でも、実際にありえることなんです!

プレー上はホームランでも、ベースを踏み忘れを審判へアピールすれば打ったバッターをアウトにすることができます。

過去にもプロ野球や甲子園でもベースの踏み忘れによって打者がアウトになったプレーは起きています。

ただ相手がベースを一周しているのを見ているだけではなく、内野手はきちんとバッターがベースを踏んだか確認しましょう。万が一、それでアウトにすることができたらとてつもないファインプレーです。