内野&外野フライを太陽とかぶらないようにキャッチする方法3パターン | Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

野球の基本ルールからバッティング・守備の上達や高等テクニックまで徹底解説!読むだけで野球が上手くなれる方法をまとめたブログ。

内野&外野フライを太陽とかぶらないようにキャッチする方法3パターン

      2016/07/28


内野&外野フライを太陽とかぶらないようにキャッチする方法

日中の試合では、バッターの打った内野フライ・外野フライが太陽とかぶってしまうことがよくありますね。

サングラスをかければそれで済む話しなんですが、サングラスを持っていない、その試合がサングラス着用不可なんてこともあると思います。

そこで、誰でも簡単に実践できる、内野フライ&外野フライを太陽とかぶらないようにキャッチする方法を3つご紹介しましょう。

フライを太陽とかぶらないようにキャッチする方法3パターン

【1】帽子で太陽を隠す

試合中は必ず帽子をかぶっているので、帽子を使って太陽を隠しちゃいましょう。右投げのプレイヤーであれば、右手で帽子を取って太陽を隠します。

ただ、とっさにこの対応を取るのはなかなか難しいので練習が必要です。

【2】素手で太陽を隠す

帽子を取る余裕が無ければ、少し隠せる範囲は狭いものの、素手でもある程度太陽は隠せます。

これもぶっつけ本番ではなかなか難しいと思うので、練習しておくといいでしょう。

【3】グローブで太陽を隠す

太陽を隠すのは帽子より簡単ですが、角度によってはキャッチする瞬間太陽を隠せないので注意してください。

これも練習が大事

いずれの方法にしても、太陽を隠すというのは必要な対応です。

中にはフライの軌道や感覚でボールから目を切れる人もいるかもしれませんが、それはかなり高度な技術です。

自分のやりやすい方法を見つけて、普段から練習しておいてください。

「太陽が目に入った」なんて言い訳は許されない

一度太陽が目に入ってしまうとボールを見失う可能性が高く、せっかくピッチャーが打ちとった簡単なフライなのにアウトを取り損ねてしまいます。

「太陽が目に入った」なんてくだらない言い訳は絶対しないでください。取れるアウトは確実に取らないとダメです。

そんな見苦しい言い訳が出ないように、試合前には必ず太陽の位置を確認しておきましょう。