タッチアップの時、三塁手はランナーがベースを離れるタイミングを必ず確認しろ | Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

野球の基本ルールからバッティング・守備の上達や高等テクニックまで徹底解説!読むだけで野球が上手くなれる方法をまとめたブログ。

タッチアップの時、三塁手はランナーがベースを離れるタイミングを必ず確認しろ

   


タッチアップ

ランナー3塁で外野フライ。3塁からホームへのタッチアップの場面です。

ここで三塁手はただその行方を見送っているだけではいけません。三塁手にはとても大事な仕事があります。

それがランナーがベースを離れるタイミングの確認です。

審判は「ランナー早いよ」なんて言ってくれない

もし本当にランナーがベースを離れるタイミングが早かったのに、三塁手が気付いていなければ「1点」と「アウト」を損してしまいます。

当然審判は「ランナー早かったから、アピールした方がいいよ」なんてことは言ってくれません。三塁手が自分で確認して、自分でアピールを行わなければいけません。

これは一番近くにいる三塁手にしかできない重要な確認なので、タッチアップの場面では絶対忘れないでやってください!