一二塁間の打球!ファーストはどこまで打球を追うべきか? | Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

野球の基本ルールからバッティング・守備の上達や高等テクニックまで徹底解説!読むだけで野球が上手くなれる方法をまとめたブログ。

一二塁間の打球!ファーストはどこまで打球を追うべきか?

   


ファーストはどこまで打球を追うべきか

一二塁間の打球は当然ファーストとセカンドが打球を追います。

しかし、ファーストが追いつけなくてセカンドが打球をキャッチしたはいいものの、ピッチャーのベースカバーが間に合わず結果内野安打になってしまうケースがたまにあります。

これってやっぱりファーストが追うべきじゃなかった?

そんな悩みを解決するために、一二塁間の打球をファーストはどこまで打球を追うべきか解説します。

基本的には全力で追う

ライトへ抜けてしまっては結局ヒットになってしまうので、基本的にはファーストも全力で打球を追うべきです。しかし、以下のような状況では打球を追わずファーストベースにつきましょう。

セカンドが追いつける

セカンドが追いつけると判断した打球に関しては、ファーストは深追いせずファーストベースに戻ってください。

セカンドが捕れる打球をファーストが捕ってしまうと、ピッチャーとのベースカバー連携ミスに加え、捕球体制も悪いのでアウトにできる確率が大きく下がってしまいます。

ボテボテの弱いゴロもセカンド寄りならセカンドに任せてOKです。

気にするのは結局「セカンドが追いつけるか」これだけで大丈夫です。

ピッチャーのベースカバーは気にしなくてOK

例えばセカンドが追いつけない打球をファーストがキャッチしてピッチャーのベースカバーが間に合わなかった場合は、ピッチャーのミスになるのでファーストは気にしなくていいでしょう。

投球後のピッチャーは5人目の野手としての仕事があります。ベースカバーはその重要な仕事のうちの一つです。確かに大変なポジションではありますが、ここはピッチャーがベースカバーに間に合わなくてはならない状況です。

ファーストとセカンドは連携が非常に重要になるので、動きの確認以外にもお互いの能力やポジショニングも都度確認しておきましょう!