ボールが来ないピッチャーはバッターボックスの一番前へ立ってみよう | Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

野球の基本ルールからバッティング・守備の上達や高等テクニックまで徹底解説!読むだけで野球が上手くなれる方法をまとめたブログ。

ボールが来ないピッチャーはバッターボックスの一番前へ立ってみよう

      2016/09/25


バッターボックス

打席に入るとき、基本的にはみなさんバッターボックスの一番後ろに立つ人が多いと思います。ボールをしっかり見ることができるし、キャッチャーを後ろに下げることもできます。

だけど、なかなかボールが来ないピッチャーに対してはバッターボックスの一番前に立つことをオススメします。

投球フォームはダイナミックなのに球速が遅い、なんか待ちきれなくて前に突っ込んでしまう。こんなときに有効です。

バッターボックスの一番前に立つ効果

バッターボックスの一番後ろに立つのと、前に立つのとでは大体30cmくらいの差が出ます。これって結構大きいです。

ポイントが前に行きがちで、上体が前にツッコミ気味のときはバッターボックスの一番前に立つことで自分のポイントへ呼び込みやすいと思います。

また、バッターボックスの線から足をはみ出てはいけないという意識も働くので、前へつっこむことへの矯正にもなりますよ。

1打席目、2打席目でなかなかタイミングが合わなかった場合は是非試してみてください。