肩が弱いサードはワンバウンド送球の方が確実で速い | Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

野球の基本ルールからバッティング・守備の上達や高等テクニックまで徹底解説!読むだけで野球が上手くなれる方法をまとめたブログ。

肩が弱いサードはワンバウンド送球の方が確実で速い

      2016/08/28


サード

軟式野球において、肩に自信のないプレイヤーは、サードからファーストへ送球するときワンバウンド送球の方が確実で速いです。

なんでワンバウンドの方が良い?

送球が速くなる

肩が弱いプレイヤーの送球は、遠くへ投げる場合どうしても山なりのふんわりした軌道になってしまいます。しかし、ワンバウンド送球なら下へ向かって投げる分ボールが山なりになることはありません。また、送球速度もアップします。

さらに、硬いグラウンドであればあるほど、ワンバウンドで加速する場合もあります。

送球の確実性もアップ

ノーバウンド送球の場合は上への暴投、横への暴投もありえますが、ワンバウンド送球の場合は上への暴投はありません。また、遠距離を投げようと力んでいない分、横への暴投リスクも減ります。

ボールの軌道

ワンバウンド送球

サードからファーストへミットを突き破るような送球をするのは、かなりの肩力が必要です。

普段サードを守っていてあまり肩に自信のないプレイヤーは、是非ワンバウンド送球をオススメします。

こんな時はワンバウンド送球NG

ただし、グラウンド状態がぬかるんでいる場合や柔らかい土の場合は逆にワンバウンド送球は止めたほうが良いでしょう。

OKなパターンかNGパターンなのか微妙な場合は、シートノックやイニング開始前のボール回しで確かめてみましょう。