華麗に決めろ!プッシュバントを成功させる3つのコツ | Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

野球の基本ルールからバッティング・守備の上達や高等テクニックまで徹底解説!読むだけで野球が上手くなれる方法をまとめたブログ。

華麗に決めろ!プッシュバントを成功させる3つのコツ

      2016/09/18


プッシュバントを成功させるコツ

前回は『狙いはここ!プッシュバントはどんな場面で使うのか?有効な場面はこの2つ!』という記事でプッシュバントが有効になる場面について解説しました。今回はそれを成功させるべく、プッシュバントのコツを解説していきます。

これを習得すれば、バントのレパートリーが増えて大きな武器になりますよ。

プッシュバントを成功させるコツ

【1】バットの真芯で当てる

通常のバントは打球の勢いを殺すため芯を外しますが、プッシュバントは打球に勢いをつけるため真芯で当てます。

【2】バットはちょっと長めに持つ

バントをするときのバットの持ち方は、バットを3分割するような感覚で持つと思います。

しかし、プッシュバントの場合は【1】の通り芯に当てたいので、通常よりも少し長く持った方がやりやすいです。

【3】手で行くな!体で押し込め!

これが一番大事です。
プッシュバントが下手なプレイヤーはみんな手だけで当てにいっちゃってます。最悪の場合、バントの構えで打ちにいってるプレイヤーもいます。だったらバスターしろよみたいな。

違うんです。
プッシュバントは体全体で押し込むんです。バットと体の距離感はそのままです。

体で押し込むということは一塁方向へ走り出すような体制になるので、セーフティバントに近いような形になります。

送りバントよりもはるかに難しい技術なので、習得したいと思ったプレイヤー何度も練習してください!

※必ず『狙いはここ!プッシュバントはどんな場面で使うのか?有効な場面はこの2つ!』を読んでから!!

「バント」に関する記事を読む

キーワード「バント」に関する記事はここでチェック!