【野球】ピッチャーにセーブがつく条件って? | Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

野球の基本ルールからバッティング・守備の上達や高等テクニックまで徹底解説!読むだけで野球が上手くなれる方法をまとめたブログ。

【野球】ピッチャーにセーブがつく条件って?

      2016/09/01


ピッチャーにセーブがつく条件

プロ野球を見ていると、抑えのピッチャーに「セーブ」という成績がついていると思います。

では、セーブが記録される条件とは一体なんでしょうか?詳しく解説していきましょう。

ピッチャーにセーブがつく基本的な条件

  1. チームが勝利すること
  2. 最後に投げた(試合を〆た)ピッチャーであること
  3. 登板中に一度も同点・逆転されないこと
  4. 1/3イニング以上を抑えること ※2点差以内の場合
  5. 1イニング以上を抑えること ※3点差の場合
  6. 2者連続ホームランを打たれたら同点になる状況で登板し、1/3イニング以上を抑えること
  7. 3イニング以上を抑えること ※点差関係なし

点差によるセーブ条件について

【4】~【7】の点差状況に関するセーブ条件をわかりやすくまとめてみると、こんな感じになる。

点差 条件
1点差 1/3イニング以上を抑える
2点差 1/3イニング以上を抑える
3点差 1イニング以上を抑える
4点差 ランナーが2人以上いる場面で登板し、1/3イニング以上を抑える
5点差 満塁の場面で登板し、1/3イニング以上を抑える
点差関係なし 3イニング以上を抑える

プロ野球以外ではあまり抑えピッチャーというのは存在しないと思いますが、草野球で記録を付けるときたまにあったりします。

成績管理をしてあげる側の人は、是非覚えてあげてください。

(あっ、でも7イニング制だとどうなるんだろう?笑)