【盗塁】2塁ランナーはワンバウンドゴー!明確な4つの理由を解説 | Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

野球の基本ルールからバッティング・守備の上達や高等テクニックまで徹底解説!読むだけで野球が上手くなれる方法をまとめたブログ。

【盗塁】2塁ランナーはワンバウンドゴー!明確な4つの理由を解説

   


ワンバウンドゴー

二塁ランナーは、相手ピッチャーの投球がワンバウンドしたらスタートを切れ!

これがいわゆるワンバウンドゴーってやつです。

投球がワンバウンドした瞬間にスタートを切らないといけないので、ランナーはいつでも投球がワンバウンドするつもりでスタートを切れる準備をしていなければいけません。「常に先の塁を狙え」というのはこういったところにも言えることです。

では、なぜ二塁ランナーはワンバウンドゴーするべきなのか詳しく解説していきましょう。

二塁ランナーがワンバウンドゴーできるのはなぜか?

ワンバウンドゴー

主に理由は4つあります。

【1】ワンバウンドのキャッチングは難しい

これは当然誰でもわかりますよね。

ピッチャーの投げたボールをワンバウンドでキャッチするのってかなり難しいです。バウンドが手前であればあるほど、キャッチングどころか止めるので精一杯です。

スコアリングポジションにランナーがいるんだからキャッチャーは当然キャッチングよりもボールを止めるという意識が働きます。

そんな状態で三塁へ送球なんてかなり厳しいです。

ポイント!
投球練習や試合の中でのキャッチャーのキャッチングを見ていて、ワンバウンドを完全に止めにいくタイプのキャッチャーはほぼ確実にセーフです。

ワンバウンドを捕りにいくタイプのキャッチャーは要注意です。鍛え上げられたレベルの高いキャッチャーはワンバウンドを捕りにいって送球してきます。相当高いレベルじゃないとなかなか居ないですが。

【2】リードが大きくとれる

一塁にいるときに比べ、二塁ランナーはリードが大きくとれます。

ピッチャーは牽制のとき180度回転しなければならないし、90度牽制も逆回りです。また、ショート&セカンドの位置はランコーや自分の目でも確認できることが理由として挙げられます。

第二リードもキャッチャーからの牽制はかなり距離があります。

二塁ランナーはリードが大きくとれる分、三塁への距離がかなり縮まります。

【3】キャッチャーのサインが見える

ピッチャーの牽制だけ見ているようでは良いプレイヤーになることはできません。二塁ランナーはキャッチャーのサインも毎球必ず見ましょう。

少年野球~高校野球、草野球レベルであればキャッチャーのサインは単一化しているので盗むのは簡単です。

変化球のサインだったり、ミットの構えている位置が低めであれば、よりワンバウンドゴーの準備を意識しておきましょう。

【4】投球の軌道がよく見える

キャッチャーのサインに加え、二塁ランナーはポジション的に投球の軌道がよく見えます。投球の高さ、コース共に一番よく見える位置に居ます。

ワンバウンドした瞬間にゴーの「ワンバウンドした瞬間」の判断がとてもつきやすいのです。

一塁ランナーはワンバウンドゴーじゃないの?

ワンバウンドゴー

では、一塁ランナーはワンバウンドをしなくていいのでしょうか?

先程の解説で登場した3つの理由のうち、一塁ランナーに当てはまるのは「【1】ワンバウンドのキャッチングは難しい」だけです。これだけの条件ではなかなかワンバウンドゴーしろとは言いづらいですね。

確かにワンバウンドでスタートが切れて結果的に二塁を盗めれば素晴らしい好走ですが、一塁ランナーの場合はワンバウンドゴーというよりも、左右に弾いた瞬間ゴーというイメージです。(※前だと刺される可能性があります。)

しかし、これもかなり的確な判断力とある程度の足の速さが必要なので、足に自信のあるプレイヤーだけができることです。

ワンバウンドゴーは誰にでもできる盗塁

ワンバウンドゴー

ワンバウンドゴーによる三盗は、足の遅いプレイヤーでなければ基本的に誰にでもできる盗塁です。ワンバウンドゴーに必要なのは走力ではなく、「洞察力」と「判断力」です。

より素早いワンバウンド判断とその予測が大きな鍵を握ります。

スタートさえ切れれば、あとは三塁へ向かって全力で走るだけです。

足の速い選手だけしかできないプレーではないので、一人でも多くのプレイヤーが修得することができればチームにとってとても大きなレベルアップになります!