バッターが打席の入る前の素振りでわかる情報はたくさんある!守備のポジショニングにも役立つ | Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

Reading Hitter -読めば野球が上手くなるブログ-

野球の基本ルールからバッティング・守備の上達や高等テクニックまで徹底解説!読むだけで野球が上手くなれる方法をまとめたブログ。

バッターが打席の入る前の素振りでわかる情報はたくさんある!守備のポジショニングにも役立つ

   


バッターが打席の入る前の素振りでわかる情報

打席に入る前からバッターを観察せよ!

イチロー選手などのように、一流のプロ野球選手は打席に入る前の準備(素振りや屈伸運動など)には自分の中で決められたルーティーンがあります。

しかし、一般的には打席に入る前のルーティーンが確立している選手は少ないです。アマチュア野球なら尚更で、打席に入る前の素振りは「ウォーミングアップ的な単なる素振り」「自分がバッティングで意識していることの確認」「この打席で狙っている打球方向に合わせた素振り」などが顕著に現れやすいです。

ということは、守備側からすればバッターが打席の入る前の素振りを見れば、ある程度バッターの特徴や打球方向の狙いがわかるのです。

守備のポジショニング予測がしやすくなる

バッターが打席の入る前の素振りでわかる情報

打席に入る前の素振りからバッターを観察すると、守っている野手のポジショニングが予測しやすくなります。

もちろん守備位置というのは、アウトカウントやランナー状況などに寄って変わってくるものですが、単にランナーがいない状況でバッターに合わせた守備位置がとれる状況のときに役立ちます。

例えば、右バッターで明らかに肩が開いてブンブンと振りまわす素振りをしていれば、引っ張り型の打ち気が多いバッターであると予測が立つのでショートは三遊間を狭めた守備位置をとることができます。右バッターで肩がほとんど開かず明らかにライト方向を狙った素振りをしているバッターなら、セカンドは定位置よりも少し1塁寄りに守備位置をとることができます。

アマチュア野球は初対戦のバッターばかりです。相手のクセや弱点なんてわかるはずもありません。

しかし、こういったところからも相手の情報は得られるものなのです。

試合序盤、初球はとりあえず定位置を守るのではなく、打席に入る前の素振りからしっかりバッターを観察しておきましょう。